大阪で刀剣・日本刀・居合刀の買取専門業者3選 口コミ・評判
大阪で刀剣・日本刀・居合刀の買取専門業者 > 刀剣・刀装具の種類 > 日本刀の補助的武器として使われた脇差とは?

日本刀の補助的武器として使われた脇差とは?

Pocket

日本刀の種類はいくつもありますが、ここでは脇差について紹介しましょう。
脇差とはどのような日本刀なのでしょうか?

脇差とは?

脇差は打刀が破損してしまった時に使用する呼びの武器として使われていた日本刀になります。
脇差には大脇差と中脇差、小脇差などいくつかの種類があり、それぞれ刀身の長さが異なります。

大脇差では54.5~60.6㎝、中脇差では40~54.5㎝、小脇差では40㎝未満です。
構造としては打刀とほぼ変わりませんが、歴史的にみてみると正規の刀という位置づけではなく、補助用の道具であると見られていたことの方が多いようです。
刃長は1尺~2尺(30~60㎝)で打刀と同じく腰に差して使用します。
江戸時代の武家諸法度によって、武士は大・小の日本刀2つを装備するように定められていました。
そのため、脇差は小さい日本刀として、需要が増大したといわれています。

なお、脇差は正規の刀剣・日本刀ではないという扱いになるので、非武士身分の人でも脇差の装備が許されていたという歴史もあります。

日本刀と脇差の違いとは?

脇差と刀との定義上の違いは約60㎝を境目とする長さの違いです。
しかし長い脇差であれば59㎝くらいあるものもありますし、61㎝の短い刀も存在することから、見た目の長さで明確に刀と脇差を区別するのは難しいでしょう。
脇差と刀の最も分かりやすい決定的な違いは、鍔に施されている穴の数でしょう。
刀の鍔には小柄と笄それぞれを通す穴が2つ開けられています。
一方、脇差の鍔には小柄を通す穴1つしか開いていません。
刀と脇差の違いを区別したいのであれば、鍔に施されている穴の数をチェックしてみるとよいでしょう。

脇差は一般庶民の護身用、力の誇示に大いに活躍した歴史があり、大脇差という脇差の規格いっぱいの長さの打刀で諍いを繰り返す博徒や、理不尽な武士の上意討ちに刃向かう者もいました。
また、大脇差は武士の間でも流行し、宮本武蔵や近藤勇らが持っていました。

関連記事

大阪で刀剣・日本刀・居合刀の買取専門業者3選 口コミ・評判

あわじ屋

おすすめ度
  • 買取価格11111
  • 迅速さ11111
  • スタッフ11111
  • 知識11111
ポイント
  • 日本刀や刀剣に強く高額査定が期待できる
  • メディア出演経験のある信頼できる査定士が在籍
  • LINE査定にも対応で迅速な買取を実現
店舗情報
所在地大阪府門真市五月田町13-20 Design Factory
査定方法電話査定・メール査定・LINE査定
受付時間10:00~18:00
URLhttps://awajiya.jp/
口コミ

亡くなった祖父の日本刀を引越しを機に売却しようと友人の紹介であわじ屋さんにお願いしました。
持っていくのは不安だったので出張買取で来てもらいましたが、感じの良い対応をしてもらえて金額も不満はなかったので即決してすぐに現金でいただけました。

龍峯庵

おすすめ度
  • 買取価格11110
  • 迅速さ11111
  • スタッフ11100
  • 知識11111
ポイント
  • 刀剣に関する専門知識が豊富
  • 着払いでの配達査定も可能
  • 刀剣専門店なので買取額が高い傾向にある
店舗情報
所在地大阪市北区梅田1-3-1 大阪駅前第1ビル2F
査定方法来店・宅配
受付時間11:00~18:30
URLhttp://www.i-katana.jp/
口コミ

ずっと蔵に眠っていた刀剣を売ろうとしたら登録証が見当たらず、困って龍峯庵さんに相談したら、取得の方法をご教授いただきき無事売却まで至りました。大変親切で助かりました。

御刀処勇進堂

おすすめ度
  • 買取価格11100
  • 迅速さ11100
  • スタッフ11100
  • 知識11110
ポイント
  • 下取り業務も取り扱い可能
  • 刀剣専門店で鑑定も信頼できる
  • 創業30年で安心の実績
店舗情報
所在地大阪市都島区都島中通3-14-18
査定方法出張・発送
受付時間10:00~19:00
URLhttps://yushindou.com/
口コミ

刀剣や日本刀の収集を趣味にしていて、購入をしたことのある御刀処勇進堂さんで古い日本刀を下取りに新しいものを購入しました。いいお値段で下取りしてもらえたので、欲しかった日本刀をお得に手に入れることができました。

おすすめ買取業者

掛け軸の知識

掛け軸の種類

大阪にある掛け軸買取業者